基礎工事とは?

杭打ち,基礎工事,杭工事,杭基礎:基礎工事とは

基礎工事とは、文字通り建物の礎となる土台を形成する工事のことです。

たとえ、強固で建造物であっても、揺れに強い免震構造の建物であったとしても、足元の地盤が軟弱であれば、すぐに倒壊してしまうことでしょう。 建築物を安定させるためには、足元の地盤と建物の条件に適した土台づくりが重要となります。

それでは条件ごとに異なる土台=基礎工事の分類をみてみましょう。

基礎工事の種類

基礎工事の分類は、大きくわけて「直接基礎」と「杭基礎」に二分されます。

杭打ち,基礎工事,杭工事,杭基礎:基礎工事の種類

固結した強固な地盤(支持層)が地表近くにある場合は、その地盤上に直接コンクリートや鉄筋構造物で基礎を整形する「直接基礎」を用います。 これに対して、強固な地盤が表層にない場合、またはビルなどの大型建造物を建築する場合は、支持層まで杭を伸ばす「杭基礎」が用いられます。

関東平野は地下深部に巨大な岩盤の凹み(ハーフグラーベン)があり、その上に軟弱な沖積層が堆積しています。 沖積層は地質学的に最も新しい地層であり、未固結で、地層の強度としては非常に軟弱です。

そこで、都市部の大型建築物などには、地盤の強度に対して重量のある建築物を支えるために、杭基礎工事が多く活用されています。 大きな荷重を支持できる固い地盤まで杭を伸ばすことで、地震や地盤の弱さに負けずに構造物を支えることができるようになるのです。

また、それほど大きな構造物にならない一般の住宅には、現地盤の土とセメントミルクを混合して地中に硬い柱状の杭を形成する「柱状地盤改良工法」などが活用されています。

杭基礎工事・地盤改良工事のスペシャリスト「行田鋸店」

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0